電話をかける

矯正治療の流れ

1.相談

最初に皆様が、ご自身の口の中のどういったことについてお悩みであるのか、また、矯正治療に関しての疑問や不安などを15分から30分かけておききして説明させていただきます。

私達の考えていることは

ことを心がけて相談にお乗りしています。

2.検査

口の中の写真、顔の写真、頭や顔のレントゲン写真、口の中の模型を作るための型採をさせていただきます。この検査により、皆様の口の中で起こっていることをより正確に判断させていただくことが出来ます。

カメラ レントゲン 型採

3.検査の説明

説明

検査して、分析した内容を矯正歯科医より説明させていただきます。

そして、患者さんにあった治療方法を提示させていただきます。 患者さんが疑問に思っていることも、治療方法に反映させる場合がございますので、疑問な点は遠慮なくおっしゃってください。

4.装置装着

お子様と、大人の治療法は若干異なります。
目安としては、すべての歯が永久歯に生えかわっていれば、大人の治療法となります。

お子様の治療法
(乳歯が残っている患者さん) 第1期治療

基本的には、なるべく少ない期間で治療することになります 。 いたずらに装置装着期間を延ばすことは、私達的にも望まないので、治療開始ではなく観察期間として、春休みや夏休み等の大きな休みごとに見させてもらうようにする場合もございます。

正確に歯を並べる段階ではなく、成長の様子を観察することにより、大人の治療への橋渡しの役目を行います。

*装置の一例*

FKO

FKO(下顎の成長を促進する装置で夜間使用してもらいます)

クワドヘリックス

クワドヘリックス(歯列の幅を拡大する為に使用します)

大人の治療法
(すべて永久歯に生えかわった患者さん)

大人の治療法

ほとんど、マルチブラケット装置による治療です。 また希望などによりインプラント矯正を併用することもございます。

マルチブラケット装置は矯正歯科医が意図したところに歯を並べることができる装置です。3週間から1ヶ月に1回の割合で通院していただきます。治療期間は、患者さんそれぞれで異なりますが、約2~3年です。

5.治療途中の検査・説明

当院では、なるべく患者さん本人、および保護者の方に納得して治療を受けていただきたいと考えております。ですので、半年に1回(第1期治療では1年間隔ぐらいです)検査を受けていただき、そこまでの治療の進み方具合、またこれからの治療方針を説明させていただく時間をお取りしています。

どうぞ遠慮なく質問などをしてください。

6.装置撤去・保定

治療期間が終了しますと、マルチブラケット装置は外します。しかし、装置を外した直後は、まだ歯の周りの骨が不安定ですので、良い咬み合わせになっても、また歯並びが元のように(治療前のように)戻る可能性がございます。ですので、装置を外した後は、保定と呼ばれる期間がございます。この期間は、3~6ヶ月に1回の通院で、最低2年間ぐらい行います。

保定の期間は、写真のように、歯の裏側に針金を装着するか、もしくは、自分で取り外しができるものがございます。また保定のときになったらご相談します。

BLR

BLR(針金を歯の裏側にはるタイプ)

begg装置

begg装置(自分で取り外しができるタイプ)

花岡矯正歯科クリニックの歯列矯正ブログ

サイトトップページへ戻る


花岡矯正歯科クリニック 〒730-0051
広島県広島市中区大手町 1丁目1−20
ニュー大手町ビル 5F
紙屋町バス停下車すぐ