電話をかける

大人の矯正

子供の時の矯正治療は、成長が終わるまで待たないといけない場合もありますが、大人の歯列矯正治療は、『歯並び治療を考えてみたいな』と思ったときにできます。逆に言えば、今思っていることを先延ばしにしてしまうと、次に考えるときには、やる気がなくなっているかもしれません。

歯並びを良くしておくことによって、写真に写るときに笑顔になることができずにコンプレックスを抱くことも無くなりますし、笑顔が明るく見え、『笑顔綺麗ですね』と言われることが聞こえてきたりするかもしれません。また、咬み合わせを治す治療ですので、食べ物をスマートに食べることができる可能性だってあります

歯を支えている骨が、ある程度健康であれば歯を動かすことには年齢の制限はございません。当院でも『自分の子供の歯並びを治療してあげたい』と言われて来院されたお母さんもお子さんと一緒に治療を始めることはありますし、『法事に行くたびに歯並びがコンプレックスだった』と言われて治療を初めた壮年の方もおられます。

子供の時の治療は、親に言われて嫌々やっていたということがあるかもしれませんが、大人の治療は、ほぼ本人の意思でやることになります。ですので子供の矯正治療よりは計画性が高く、計算がしやすくなります。だからこそ大人の矯正治療は、頑張る皆様に、より身近にスタッフがサポートできるものだと思います。

ただ、成人になったがゆえ、虫歯になってしまった歯や軽い歯周病になってしまった箇所や、骨の硬い場所など、歯を動かしたりする際に注意を要するところも出てきていると思います。それに対しても、当院では、模型の検査やレントゲンの検査はもとより、骨の詳細な分析のためにCTの検査などを行い、歯の動かし方を計画したり実際に動かしていきます。

★ライフタイムに合わせた治療

『歯並びは治したい!でも、他にもやらないといけないことがある』とおっしゃられる方は、当院にも多くおられます。例えば入学試験、資格試験のような場合、痛みがあっては困りますよね。また、出産がある、1年ぐらいの短期で留学するなど、矯正治療を開始してからも人生にはイベントはつきものです。

そのような場合、痛みをなるべく抑えるように治療したり、矯正治療は一度少し休憩することができます。装置が入っている期間は長くなりますが、それでも人生には矯正治療を受けるより大切なこともありますから、出来るだけそれをサポートするような治療体制を取りたいと思います。

また、『披露宴をするからそれまでに前歯だけはしっかり治しておきたい』など、ある期間を目指して治療する場合もあると思います。治療を開始する際には、しっかりとそういうことを踏まえつつ、一緒に進めていけることを考えております。

仕事などで、転校、転勤になったとしても当院の所属している日本臨床矯正歯科医会の会員が全国にいますので、お近くの医院に引き続き治療を継続する手続きも取れます。

★本格的矯正治療の装置

表側の治療をメインに行っております。表側の治療には装置のバリエーションが多く、適材適所で色々な治療を施すことができますので、当院においては一番安価で治療期間が短い傾向があります。

見えるのが嫌という方もおられると思いますが、昔ほど『わっ、矯正治療している~』と言われるほどではありません。患者さんの中には、『矯正治療始めたのに気付いてくれなかった』などと逆にぼやかれる人もいるぐらいです。

また、歯の動きが少し早くなり痛みも少ないと言われているブラケットや白いワイヤーなどもありますのでご相談くださいませ。(場合によると白いワイヤーは使用できない時期もあります)

通常の矯正治療装置

通常の矯正治療装置

歯の動きが少し早く痛みが少ない装置

歯の動きが少し早く痛みが少ない装置

白いワイヤ―

白いワイヤ―

それでも見えない方が良いとのことでしたら、別途料金はかかりますが、裏側の矯正治療も行っておりますのでご相談くださいませ。

白いワイヤ―

花岡矯正歯科クリニックの歯列矯正ブログ

サイトトップページへ戻る


花岡矯正歯科クリニック 〒730-0051
広島県広島市中区大手町 1丁目1−20
ニュー大手町ビル 5F
紙屋町バス停下車すぐ