電話をかける

子供の矯正

子供のころは、顎の成長が起こります。早めに治療をすることで、この成長を利用することができますし、成長がおかしな方向に向かっていることなどが予測された場合は、これに早くに対処することにより将来的に起こり得る重篤な問題を回避することができます。

子供のころから始めるときの利点

1.のちの本格的な矯正治療の仕上がりが良くなります

上の顎と下の顎のギャップを無く治療を行うことにより、成長が終わった後に本格的に治療する際の下地が作りやすく、最終的な咬み合わせの仕上がりがさらに良くなる傾向があります。

2.本格的な矯正治療において歯を抜いて治療することや外科手術を併用する可能性が減ります。

歯を抜いて治療するのか抜かないで治療できるのかのボーダーライン上の場合や、手術を必要とするか必要としないかボーダーライン上の場合などでは、成長期の治療を行うことにより、歯を抜かないで治療をしたり、外科手術なしで治療できる確率を上げることができます。(※ただし、どうしても将来的に歯を抜く必要がある場合、外科手術をした方がその後の人生に良い場合などは、成長期の治療を行わない方が良い場合もあります)

3.コンプレックスの解消

最近は、美に対する意識の低年齢化が進んでいます。その為に、親が『そんなこと気にしなくても良いだろう』と思っていることに対して、お子さんの方がコンプレックスを抱いている場合もあります。他にも色々と人間関係での悩みとかが増えてくる成長期に、そのコンプレックスを取り除く治療をしておいて、お子さんに歯並びなんかで悩まずに成長期が過ぎるときまで違うことに打ち込めるように考えられている方も来院されています。

4.ほっておくと深刻化してしまう場合を防止

矯正歯科医的には、こちらの範疇に入られるお子さんは、早めに治療をしたいと考えています。咬み合わせが原因で、普段は歯肉の中に隠れている歯の根っこが見えてきたり、歯が病的にこすれてしまったり、折れたりすることがあったり(咬合性外傷)、小さい時は顎が横にズレているのが軽微だったのに、成長とともにひどくなってくる(顎偏位)ことがありますので、気になることがあれば、専門医院でご相談されることをお勧めします。

使用する装置(すべてを使用するのではなく、それぞれに合った装置を使用します)

FKO

FKO(下顎の成長を促進する装置で夜間使用してもらいます)

クワドヘリックス

クワドヘリックス(歯列の幅を拡大する為に使用します)

クワドヘリックス

リンガルアーチ

花岡矯正歯科クリニックの歯列矯正ブログ

サイトトップページへ戻る


花岡矯正歯科クリニック 〒730-0051
広島県広島市中区大手町 1丁目1−20
ニュー大手町ビル 5F
紙屋町バス停下車すぐ