広島の歯列矯正

歯の位置異常について

あと2週間ちょっとで今年も終わりですね。

どうも広島 花岡矯正歯科クリニックです。

広島でも今年は12月から寒いですよね。

思えば5月も超暑かったような気がします。

 

今日も治療とはあんま関係ないお話かもです。



もっと、治療について書けよ!って思われている方も

おられるかもしれませんが、

狭い日本なんでゆったりと行きましょう。。。

 

前に診断名について書きましたが、

あの時に名称に使うのは、『不正咬合』の種類の名前でした。

(etc:上顎前突、開咬)

 

今回の話は、歯1本1本に対する不正にも

名前がついているので、それについて書いていきますね。

 

これも衛生士学校の学生さんに

教える内容ですので、ターゲットはそこと、

歯学部の学生さん用で(笑)

 

歯個々の位置異常として覚えておくのは

6つです。

(・・・・・私は6つしか覚えてないですけど、大丈夫ですよね。←誰に聞いてる?)

 

①傾斜(けいしゃ)

②転位(てんい)

③移転(いてん)

④捻転(ねんてん)

⑤高位(こうい)

⑥低位(ていい)

紛らわしい漢字ばかりです、はい。

これらについて次回からお話しますね。

 

よしよし、これで年末までのネタは持つぞ(心の声)←

 

 

 


Category:広島の歯列矯正 | 14:44 PM

コメントは受け付けていません。