広島の歯列矯正

抜歯をする場合その3

抜歯をする場合のその3つ目です。

 

これは、皆様にとってはあまり理解されにくいものかもしれません。

難しく言うと上の顎と下の顎の位置の関係が、

崩れているときに行います。

 

・・・・全然解らない。。。私が読み返してみても全然解らない(笑)

 

 

この項目は、本当に難しく、人(矯正歯科医)によっても

異なる判断を下すこともありますので、大まかに書きますね。

それを書くにはそもそもの矯正治療のゴールが何かを示して話をしたほうが

良さそうなので少し脱線を。

 

矯正治療には、見た目の問題の改善以外に、大事な目的があります。

それは、咬み合わせを良くするという目的です。

 

それを達成するためには、それぞれの矯正歯科医で考え方が異なる部分もありますし、

同じものもあります。

 

多くの矯正歯科医が同じ考え方をしているもので、皆様にも解りやすいのは、

『歯は2対1で咬ませる』というものがあります。

 

これをすることにより、全ての歯が同じように力を分散しますし、

咬んだ時に、当たる歯の面積が大きいので効率が良いのです。

 

文章ばかりではイメージはつかめないと思いますので、

図を用いてみますね。

これは、よい歯並びを横から見た絵です。

この絵の左側は奥歯、右側が前歯の方です。

ただし、前歯は描かれていません。(一番右は犬歯(糸切り歯)と呼ばれる歯です)

 

歯の部分だけなぞります。

1

 

 

 

 

 

 

 

 

上の歯は、で 下の歯はでなぞってます。

なぞった線だけにすると下のようになりますかね。

図2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒丸の所は、上の歯が1本に対して下の歯2本で受けています。

緑丸の所は、下の歯が1本に対して上の歯は2本で咬んでいます。

 

このように、奥歯は2本対1本で咬ませるのが基本になります。

ですので、下の絵のピンクの線のようにジグザグになります。

歯が無駄なく当たった状態ですね。

3

 

 

例えば、これがズレて下のようになっているとすれば・・・・

(上の歯が正常より前になるとすれば・・・)

図4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上下の歯はピンクの線の箇所しか当たらなくなります。

そして、黒く塗りつぶした歯が当たっていない空間が出来る訳です。

この状態を矯正歯科医は可としませんので、

先程のジグザグなピンクの線みたいに2歯対1歯で咬ませようとするのです。

 

 

あれ?この項目って『抜歯する場合その3』について書いているんじゃなかったっけ?

脱線しすぎましたかね。

そんな訳で強引にまとめていきます(笑)

 

良い咬み合わせをさせる為に、歯を動かします。

ですが、動かす量が物理的に取れない場合、歯を間引いて動かしやすくすることも視野に入れます。

今回の例で言えば、奥歯を前後的に移動させてジグザグにしたい場合、

歯が邪魔で動かしにくい場合は、歯を間引いて調整します。

 

もちろん、2歯対1歯じゃないから絶対に抜くということではありません。

他の条件なども考慮して抜いた方が有利な場合に行う訳です。

 

そんな訳で一応3回に渡り書いた抜歯の基準、

①ガタガタの度合いが大きい場合

②口元の観点から

③顎のズレなどによりずれた咬み合わせを咬ませるため

が大きく簡潔に書いた歯を抜く基準です。

今度の2月初旬に

日本臨床矯正歯科医会という会の集まりにて、

この会に参加している人の抜歯の基準(例えば隙間が何mm足りない時かなど)の

アンケートの集計結果が出るみたいなので、それは見てみようと思います。

 

 

 

 

 

 


Category:広島の歯列矯正 | 15:24 PM

コメントは受け付けていません。