広島の歯列矯正

歯の位置不正シリーズ(転位)

広島 花岡矯正歯科クリニックです。

歯の位置不正シリーズもあと2回。

 

3日ごとに更新していって、

見事にちょうど大みそかに最後の更新で

シリーズが終わるという、

私の完璧な計算の賜物←たまたまだったくせに。(笑)

 

今日は、転位(てんい)です。



これね、説明しずらいんですよ。

教科書には

『正常な歯の位置よりズレた状態』

みたいな感じで書かれています。

 

私は、ここで歯のどの部分がズレている?って

ずっと疑問でした。

なぜなら、後で書きますが、前回お話した、

傾斜(けいしゃ)』と何が違うん?って

思っていましたもので。

 

ですので、今日の解説は、

教科書からは逸脱しているので、

誤ったことなのかもしれませんが、

私が一番自分の中でシックリくる説明に

しますので、イメージだけとらえていただけると

と思います。

(って書いてますが、治療を受ける方は

そんなことどうでも良いですよね(笑)

どちらかというと、

治療に従事する方用ですもんね。)

 

 

図1

 

まずは、この歯の位置を

正常な場所にあるとします。

よろしいですか?

ここが正常の場所と『仮定』しています。

 

なぜ仮定を強調しているのかというと、

歯科医師によってこの正常な位置は

微妙に違ったりするからです。

絶対的なものでは無く、それぞれが『仮定』するのです。

 

正常な位置から歯がズレて生えていることを

転位(てんい)』と言うらしいですので、

絵でかいてみます。

図2

 

はい、これが歯がズレるということです。

 

ホントにこれだけです。

そりゃ、教科書的にも

あの1文で終わりますわな。

ただね、どの部分がズレたら転位になるかは

はっきり言って書いていないのです。

(なぜ、これにこだわるかについて説明していきます。)

いや、この例では、歯の全部がズレているから

それは転位とわかるのですけど、

例えば、この場合は?

図8

 

頭はだいぶズレていますが、

根っこはズレていない部分が

あるとき。

 

 

他にこんな場合は?

図7

 

根っこはズレているけど、

頭はズレていない場合。

 

 

 

ですので、私が長年考えて(←約2年ぐらい考えて(笑))、

人に説明するときはこういうルールにしました。

図3
 

赤い丸で囲った根っこのここら辺が、

正常な位置からズレていたら

転位ってことにしました。

もちろん私ルールです(笑)

 

治療するときに、

傾斜より転位を治す方が

難しいという考えから、こういうイメージにしました。

 

ですので、先ほど最初に出した1問目の方。

 

図4
 

絵に描くとこんな感じ。

これは、転位ではなく、

前回書いた傾斜になります。

歯が傾いていますもんね。

 

先ほどの転位の模式図をもう一度出しますね。

図2

これです。

さっきの傾斜の絵と

この転位の絵、

実際は歯ぐきの中は見えませんので、

歯の頭のズレだけを考えると、

どっちも同じぐらいズレているように見えるのです。

だから、『転位は歯がズレていること』と聞いたら、

歯の頭を想像して、転位傾斜もどっちもズレてるじゃんと、

傾斜転位を混同してしまうようになります。

 

 

これがちょっとの間解らず、

転位と言わないといけないときに傾斜と言ったり、

傾斜と言わないといけないときに転位と言ったりして、

その都度、先輩の先生方に

口うるさく厳しく指導されてました。

なんていうか、言葉で説明するのは難しいらしく、

『ズレていると傾いているのは別個のもの』って

言われても、全く理解できず(笑)

 

で、ある時に

『根っこが正常な位置からずれていたら転位』って、

自分ルールを決めたら、だいたい怒られなくなりました。

どうやら、矯正歯科医が感覚的にわかっていることを

言葉にするとこうなるみたいです。

 

 

ちなみに、傾斜転位、両方同時に起こることもあります。

こんな感じ。

図5
 

根っこも正常な赤丸からずれて、

さらに傾いているから、

転位であり傾斜であるのです。

 

先ほどの2問目はこんな感じです。

図6

 

これも根っこが赤丸から

ズレていますので、転位です。

さらに、1つ前の例と方向が違いますが、

傾いていますので、傾斜でもあるわけです。

 

先ほど少し書きましたけど、

傾斜より転位を治療する方が難しいです。

それは、矯正治療においては、

歯の根っこを計画通り動かす(コントロールする)

のが難しいからです。

その話はまた別のお話ですね。

 

 

ということで、衛生士学校の学生さんが来たら、

『転位と傾斜の違いって何?』とは、

全ての人に聞いております。

あなたも衛生士学校の人が質問してきたら

ドヤ顔で答えてください。

(※先ほども書きましたけど、これ、私ルール。

使用するときは自己責任で(笑))

 


Category:広島の歯列矯正 | 10:54 AM

コメントは受け付けていません。