広島の歯列矯正

CTの役割

どうも、広島 花岡矯正歯科クリニックです。

CTを入れてやれそうなことを羅列してみますね。

①埋伏歯の場所が詳細にわかる。

②外科矯正の時の計画が詳細に立てられる。

③歯を動かす解剖学的限界がわかる。

④口蓋裂の方の骨の様子がわかる。

⑤矯正用アンカースクリューの計画に使える

難しい言葉も加えて書いてみましたが

(ええっ、このブログの文章おバカですけど、

いちおう歯科医師です私

難しい言葉もたまには使うことあります)、

矯正治療において恩恵を受けるのは

上に挙げた5つが主なことではないかと思います。

ネットで探してもこれ以上のことないですもんね。

あっ、顎の関節の骨が変形していれば

それも解るってのもあるかもしれませんが、

矯正分野ってことではないので、割愛。

単元ごとの説明は、また次回からです。

・・・・なんで、こんなに引っ張るか?って思われますか?

なぜなら、これかなり高価な器械なんですよね。

広島市内でも多くの歯科医院が導入しているのですが、

すごいなー、みんなって感じです。

という訳で、持ってるのにアピールしないと、

なんか損した気分になりますので、絶賛アピール中なんです←いやらしいさ100倍。

いずれ、これらをまとめてHPのページとして1P使うつもりなんですよ~。

ということで、下書きのページとして読んで頂ければ←失礼さ100倍。


Category:広島の歯列矯正 | 10:36 AM

コメントは受け付けていません。