広島の歯列矯正

矯正歯科においてのCT(埋伏歯の位置)

こんにちは。

広島の花岡矯正歯科クリニックです。


本日は、矯正歯科においてCTがあるとだいぶ良いねシリーズの

第一弾『埋伏歯の位置がわかる』です。




埋伏歯は『まいふくし』と呼びます。

その名の通り、歯茎の中に埋もれている歯のことです。

前にも書きましたが、

埋もれている歯を引っ張り出してきたりすることがあります。



その際、その歯が他の歯に悪さをしていないか、

また、その歯自体が正常な形をしているのかどうかなどを

調べる必要がありますし、

どこにあるのかが解らないと、

引っ張り出すときに、いらない部分の歯茎を切ることにも

なってしまいます。


まだ、当院ではこのCTを導入してから、

歯が埋もれている患者さんが来ていませんので、

親知らずを例にしてみますね。


図1





矯正治療後のレントゲンです。

黄色い矢印で示したのは、上の顎にある親知らずです。

勿論、これだけでもわかるとは思うのです。


ですが、これを実際に抜こうとしたときに、

奥行きが解りにくいですよね。


UFOキャッチャー(クレーンゲーム)をするときに、

正面から見てやっても取れる人は取れるのでしょうが、

奥に動かす場合は、横から見ると解りやすいですよね。


このレントゲンでは、クレーンゲームでは

正面から見てやっているのと同じです。


図2


同じ人のCTの写真です。

下の顎の歯を消して、上の顎の歯だけにして、

下から見ています。

黄色い矢印が同じく親知らずです。

CTは上下左右前後と空間図形となるので、

どの位置にあるかは、

最初の絵の何倍も解りやすいのです。



思いっきり前の歯に食い込んできています。

歯を抜くのは大変そうですね。

と、これ、スタッフのCTなので、

本人もショックを受けて終わりました。。。



これは親知らずなので、

歯茎を切る方向とかは、だいたい歯科医院によって

決まっているので、ここまですることも無いのかもしれませんが、

これが、糸切り歯とかがどこかに埋まっていることになると、

主に歯の表側の歯茎を切った方が良いのか、

歯の裏側の歯茎を切った方が良いのか

解り難い場合があるので、

こういう写真は大変重宝するのです。





Category:広島の歯列矯正 | 15:19 PM

コメントは受け付けていません。