広島の歯列矯正

矯正治療的CTの利用(外科矯正の時)

CTを使おうの会第2弾です。

『外科矯正』に利用してみよう。



前に話したことありますけど・・・・あれ?

冷静に考えたらこのブログで外科矯正のこと話しましたっけ?

ホームページのどこかで書いたような気がしますけど、

このブログでは書いてないかも。。。

 

矯正治療をする場合に、

歯だけでなく、骨の位置が問題になることがあります。

ちょっとした骨の位置のズレは、

歯で補うこと出来るのですけど、

だいぶズレている場合は、

歯で補うだけでは難しい場合があります。

その為、顎の骨を切って動かして

良い位置に持っていく外科手術を

矯正の治療中に加える治療があります。

それが『外科矯正』と呼ばれるものですが、

・・・・今回は、その説明じゃなーい!←なのにだいぶ文字数をとった


もともと、CTが無い場合は、

横顔のレントゲンと

正面から見たレントゲンの両方で、

どれくらい移動させるのか、

考えて、それを執刀する口腔外科医とすり合わせをして、

決めていました。

ただ、両方とも2次元ですので、

頭の中で組み立てますが、限界はあります。

例えば、この家の外観の正面や横からの絵を見て、

こういう風に家を構築し、(←この人凄い)

なおかつ、その家をリフォームすることを想像するわけです。

頭の中で。。。

顔の骨は左右で若干違いますし、これなかなか至難の技なんです。

そこを、絵を見てするのではなく、

先ほどの家を構築したモデルから考えると

より質が良いことが想像できるかと思います。

 

よこ

例えば、こういう横向きの写真と

 

しょうめん

正面の写真から、この方の顔を作っている頭蓋骨を

想像し、そこから、どこら辺で骨を切るのかを

正確に想像するのは難しいことです。

 

CTであれば360度見渡すことができますので、

右と左の骨の形の違いなども

解るのです。

ct

 

ct2

 

下の顎の骨があんな形をしているってのは、

横向きや、正面の写真からでは解りませんよね?

たぶん、下からレントゲンを撮ったとしても

正確には解らないと思います。

それゆえ、CTにて骨の形や状態が解るのは

とても心強いのです。


Category:広島の歯列矯正 | 16:30 PM

コメントは受け付けていません。