広島の歯列矯正

上顎前突(じょうがくぜんとつ)の種類

前回、上顎前突の定義を書きました。

復習しましょう。

 

『上の前歯が下の前歯より明らかに前にある場合上顎前突と呼びます。

その基準はまぁ、曖昧だけど5mm以上ぐらいかな?』

 

わずか2行で書くことが出来ることを長々と説明する無智っぷり、発揮(笑)

 

気を取り直して上顎前突の種類について書いて行きましょう。

まずは前回より複雑な絵の登場。

 

図3骨に前歯をはやしてみました。

(※下の顎はだいたい横から見るとこんな感じですが、上の顎は不正確です。さらに上の顎と下の顎は、この絵でまじりあっている所で引っ付いている訳ではありません。細かな所には目をつむっていただいて、暖かい目で見てくださいませ)

 

上の絵が普通だと仮定しますね。

あなたが神様だとしたときに、

ここから上顎前突症を作り出すには4つの方法があります。

 

①上顎の骨を大きく、または前方に移動させちゃう

図4

そうするとこのようになります。

上の歯と下の歯の隙間が大きくなりましたね。

欧米の人が出っ歯になる場合は、このパターンが多いそうです。『俺が俺が』と前に出て出っ歯になる感じですかね。

 

続いて奥ゆかしい上顎前突を

②下の顎を小さくしたり、後ろに移動させてみたらどう?

図5

①が積極的な上顎前突であるに対して、消極的な(笑)上顎前突ですね。

日本人らしく奥ゆかしさを表していますね。

上の顎の大きさや位置が変わって無くても、

このように下の顎が一歩引くだけで上顎前突を作ることが出来ますね。

ちなみに、これは本当に日本人に多い上顎前突のタイプです。

 

この上の2つは、歯が原因では無く、歯が生えている土台になっている骨のせいで、

上顎前突になっています。

 

さて、神様、あと2つあります、どうしましょうか。

『ふむふむ、そうですね。そう言う方法がありましたね』

 

③上の前歯を前に出しちゃえ。

図6

ようやく、皆さんが頭に描く出っ歯の様式が出てきました。

このように上の歯を前に傾かせると、

下の歯とのギャップが出来ますね。

そうなると最後の1個は予想がつきますかね。

 

④そうですね、下の前歯を後ろに傾かせちゃう。

図7

これでも上の前歯が出ていなくても、

出っ歯を作ることは可能です。

 

③と④は土台になっている骨が原因では無く、

そこに生えている歯が原因ですね。

 

①~④で上顎前突に見える要因を全て語っております。

もちろん、単独で現れることは無く、

①と③が一緒になった上顎前突など複合タイプがあったりしますけどね。

 

※ちょっと難しく。

①や②のように骨が原因で上顎前突になっている場合、

『骨格性上顎前突(こっかくせいじょうがくぜんとつ』と言います。

また③や④のように歯が原因で上顎前突になっている場合、

『歯槽性上顎前突(しそうせいじょうがくぜんとつ)』と言います。

ある流派では、②のことを特に下顎後退症と区別して名付けしている場合もあります。

 

また、骨格性や歯槽性以外に『機能性上顎前突』というのもありますが、

これを簡単に書くのが私の実力では難しいので割愛します。

 

 

 

 

 


Category:広島の歯列矯正 | 15:23 PM

コメントは受け付けていません。