広島の歯列矯正

乳歯がすきっぱって気になります?その2

段々、生意気になってくる娘を
見ながら、時が流れていくのは
早いな~と再認識しています私です。

今日は、乳歯の続きですね。


そんな生意気な娘でも、
乳歯が生え始めた時期というものが
あるわけですよ。。

図1

そこで、こんな顔。

歯ぐきだけのとき(歯が生えていないとき)は

かわいいと思って微笑ましく思ってたんですけど、

この時は、、
ちょっと抜けた顔に笑っておりました。

昔あった漫画「ついでにとんちんかん」の

抜作先生の顔そっくりでしたから。

娘は、上の方はすでに生え始めから

空隙があっちゃいますが、

下の方は、逆に隙間無く

ピタッとならんでいました。

それでは、『なんで隙間が合った方が良いのか?』

について説明させていただきます。

その前にいつもの通り前フリよ~ん。

乳歯は、生後半年ぐらいから生え始めます。

(※ちなみに私の娘は10ヶ月で

生え始めなので

個人差は大有りでしょう)

そして、2歳半から3歳ぐらいですべて生え揃います。

どんな感じかなと申しますと、

こんな感じ。

図2

乳歯は普通、前の方から順に生えていきます。

前から順にA~Eという名前がついてます。

(※日本語名もあるんですが紛らわしいので却下)

でね、保育園や幼稚園のときはこんな感じの

歯並びが続くんですが、

 

あるとき、

この乳歯の後ろから

第一大臼歯(6番ともいいます、母子手帳には6歳臼歯とも書いてますが)

が、生えてきます。

図3

※こっからの絵、永久歯(大人の歯)は、白色で表してます。

こんな感じで、もしかしたら第一大臼歯は

親が気付かないうちに

生えちゃうかもしれません。

この歯は、乳歯が抜けて生えるというものではありません。

言い換えると、

この歯が生えるときに乳歯は抜けません。

だから気付きにくいかも。




図4

この、第一大臼歯が生えるのと同時期、

もしくはやや遅いときぐらいに、

前歯の乳歯が抜けて、

永久歯が生えてきます。




図5
それが終わると、今度は、

大人の前歯と第一大臼歯の間の3本の歯(左右で6本)

が順々に抜け落ちて大人の歯に生え変わります。

(※順番は個人差あります(特に最近の子供は))

この絵のような感じですね。

こうなると、抜ける歯は残ってません。




図6

最後に、第一大臼歯の後ろより

第二大臼歯(7番、12歳臼歯)と呼ばれる歯が

生えてきます。

この歯を良く『親知らず?』と

勘違いしちゃいがちですが、

親知らずが生えるのはまだまだ先のお話です。

親知らずは、多分、子供の口の中に

保護者の方が関心がなくなったころ、

に生えてきます。

つまり大抵は10代後半から20代前半ですね。

もっとも生えない方もありますが。

間違えた、生えない方の方が多いですが。

長い前フリになりました

ということで、次回に回します←えっ?

 


Category:広島の歯列矯正 | 15:25 PM

コメントは受け付けていません。