広島の歯列矯正

上と下の真ん中がズレテイル(歯性に)

まさかこの時期に横浜がぶっちぎりの首位とは思わなかった、
広島カープファンの歯科医師です。

今日からの3連戦、3タテぐらいしないと、
勢いに乗れそうにないですよね。
雨が心配ですが。

と、完全に話題がズレテイルですね。

なので、本題へ。






前回、歯は隙間が空いていると

その場所に動いていくとお話ししました。


それは、当然前歯でも起こることです。

若い人の場合で考えると、

いきなり大人の歯が抜けてしまうことは

無いですが、それでも歯が動く可能性が

色々とあります。

考えられるとしたら、

➀片方の乳歯だけ虫歯とかで早く抜けちゃった場合
図7
赤い線が顔の真ん中および、

下の顎の歯の真ん中だとします。

白い歯が大人の歯。黄色い歯が子供の歯とします。

まず、大人の奥歯が生えてきつつ、

前歯が子供の歯から大人の歯に変わります。




図8
それで、この状態の時に、

あらあら、虫歯で片方だけ抜けちゃったのね。

歯が抜けると、このように隙間が出来ます。

隙間が出来たら、その隙間を奪うしかないでしょ。




図9

と、このように、上の前歯が全体的に

歯が抜けた方向に(黄色い矢印方向に)、

動いてくると、顔の真ん中を示す赤い線から

ずれてしまいましたね。



同じような感じで、

➁特に上顎で多いのですが、2番が奥に引っ込んだために
 隙間が出来ちゃった場合

図4

このように、大人の歯が生え変わって

左右対称になるのが普通な訳です。










図5
ですが、例えば前から数えて2番目の歯が

1本だけ後ろに引っこんでしまった場合、

隙間空きますよね。

隙間が出来たら、隙間を奪うしかないでしょ。






図6
て、て、手抜きなんかじゃないんだからね(←絵が似てても)

結局➀と一緒のこと言っているに近いけど。。











➂片方だけ歯が生えて、逆の同じ歯が生えてこなかった
 (歯が生来無かった場合とか、生えるのがおそかったり)
などがあります。

歯が生えてこないと隙間が出来ますよね。

隙間が出来たら奪うしか・・・・・このくだりはもう良いですかね(笑)



こうなると、

歯が抜けた時と同じように、

歯が移動しちゃうわけですね。


こうして、骨に対して歯が本来あるべきところから

ずれることにより、

真ん中がズレテイルことになったりします。


歯が動くことが原因だから、

これを歯性にズレテイルと言う風に言っております。

あくまで、上の顎骨と下の顎骨はずれていなくて、

歯が原因という場合がこれですからね。

この場合(歯が原因なの)は、まだ治療しやすいとも言えます。


Category:広島の歯列矯正 | 16:30 PM

コメントは受け付けていません。