広島の歯列矯正

上と下の真ん中がズレテイル(機能性に:導入)

大学時代テニス部でした広島の矯正歯科医です。

そんな情報要りません。

ふっ、また無駄に文字を打ってしまったぜい。





前に鋏状咬合のところで書きましたが、

あのように歯にダメージを与えることを

避けるように下の顎を動かして、

ズレテイルことを機能性にずれると書きましたが、

そういえば、追加あるの忘れていました。


私ね、大学の時にテニスしていました。
(←おまえ、それさっき書いたじゃん、後悔してたじゃん)

でね、右腕と左腕比べたら、

右腕太かったんです。


プロフェッショナルで、

体の左右のバランスを考えている人は、

そんなことにならないように、

バランスよく鍛えるんでしょうね。

・・・って別にインストラクター気取ってるわけじゃなく、

要は、筋肉って使えば太くなっていくのです。

だから、陸上の選手は足が太いですし、

私のように、ラケットを右で持っていると、

右の方が腕が太くなっていく。。。

サッカーを趣味にしている人は、

効き足の方が太くなっていくのです。



なぜ、こんな話をここでさせて貰っているか

ということですが、

顔も同じなんですよ。


ということで、続く。。。



Category:広島の歯列矯正 | 15:09 PM

コメントは受け付けていません。