広島の歯列矯正

それではそろそろ書きましょうか。

いや~、暑いですね暑い。。

↑何回これ言うつもりですか?

と良い子が質問してきたら、

『暑くなくなるまでです!』と

声を大にして言いたい広島の矯正歯科医です。





昨年の11月ぐらいに、『矯正歯科の固定シリーズ』を

書いたのですが、覚えておいででしょうか?

覚えてなくても大丈夫。

これを読んでくれれば。。。

固定について(導入と復習)
固定について2(まだまだ導入)
固定について3(固定の例)
固定について4(固定の必要性)
固定について5(固定の程度の種類)

固定だけで、5つに分けて書いてた。。。

で、この『固定について5』の最後に書いてあることを

そろそろ書こうかと思いまして。


と言っても、この夏休みで、いつも土曜日に来られていた方も

平日に来られることが多くて、

何となく頭を働かして文章を書く気力まで回りませんので、

10年前ぐらいに書いていた文章を使いまわします。

(と言っても、少しは改編しますけどね)。


この10年前ぐらい前に書いていたというものなんですけど、

どういったものかと言いますと、

10年前ぐらいにもブログしてたんです。

丁度、ブログというものが流行った時ですね。

その当時は、広島大学の歯科矯正科の医局に残っておりました。

残るからには、研究というものをしないといけないのですけど、

その研究の実験で、待ち時間がある実験があったのです。

それも、器械にサンプルを入れて3時間ぐらい待ちとか。。


だいたい夜8時ぐらいにセットをして、

夜11時ぐらいとかまで待つということですよね。

そんな時に暇だから、

矯正歯科の治療に関するブログを書こうと思ったわけです。


ですので、テンションは微妙にハイな感じで

書いております。


それを引用して改編してみようという訳でございますね、はい。

そんな訳で、次回からスクリューアンカーというものについて

書いていきますね。





Category:広島の歯列矯正 | 14:18 PM

コメントは受け付けていません。