広島の歯列矯正

次の説明に向けてヘッドギアと言うものを説明

広島の矯正歯科医です。

アンカースクリューについて書くと書いたのですが、

そういえば、アンカースクリューというものを

どうして重宝し始めたのかの説明してなかったですね。

歴史を学ぶことは重要なことで←大げさ

先人の努力を知って、初めて新しい技術の使い方を

骨太にすることができます。

と言うことで、『ヘッドギア』という装置を

まずは例にあげてお話していきましょう。



『ヘッドギア』は、国家試験的には

子供の時の上顎骨の成長を抑制するために使用する

ということになっておりますが、

私的の実践においては、

加強固定(かきょうこてい)として使用します。

その字が表す通り、固定を強くするのです。

・・・・これ読んでる人全員が、

固定について覚えている訳ではないですので、

また説明をさせてもらいますね。

って言うか、今まで出てきて、意味が解らない言葉は、

そのままほっておいてください。

ある程度、イメージが湧くように説明していきますので。

私がこの手の説明をするときには、

良く使われるシチュエーションがあります。

海です。

前に固定の説明をしたときも海でしたが、

その延長線に当たるから海を使用するのは

当たり前です。。。

決して、他に例えが浮かばなかったとか、

私が昔、固定の説明を同じように船と海で

習ったとかじゃないんだからね。。。。

いくばくかの疑念はそのままに説明します。

だからこその海です(笑)

b1db37a1df6c6332fc8bdf704e9d1e49
今日はなんと陸地も

絵に組み込まれています。

さて、寂しがりやなA君は、

違う船に乗って、ぷーかぷーか浮かんでいるB君と

話をしたくなりました。

つまり、A君はB君を呼びたいのです。

しか~~し、A君は駄々をこねます。

A君の船を移動させたくないのです。

c8856789ec11ab8b1013037cef6929f9
補足ですが、このようにロープを渡し、

そのロープを引っ張って呼ぼうとします。

そうするとですね、

f96d9b4281f6d16b3c7589aed5a17be5
B君が左に動くのと同時にA君も右に動いてしまうのです。

これは、地球の法則なので仕方ありません。

これを作用反作用の法則と言います。

矯正治療ではなく、地球規模の法則です。

でも、A君は動きたくない。。。。。

ちゅう訳で、下の絵に行きましょう。

ad328257df3c27d0237be29c2f1fd87c
陸地に、あのよく港にあるロープを絡めるやつ、

なんていう名前なんかな~、

あの石原裕次郎とかが片足のっけてかっこつけてたやつ。。。

ま~、名前はいいや。

そこから鎖が伸びていて、これまた何故かA君の船の上に

先端がきています。

そこで、A君はこれを利用しようとしました。

鎖の先端を身体に通して

ロープを引きます。

そう、A君はガチィと鎖に固定されました。

そして、ロープを引きます。

90b0dfa136419ccc91fda6fec27764ca そうするとA君は、ほとんど動かず

B君だけ左に動かすことに成功しました。

この石原裕次郎が片足乗っけていたやつと

そこから延びる鎖の役目を矯正治療においては、

ヘッドギアという装置が担います。

続きは、また(今度は歯の絵にして見ます)


Category:広島の歯列矯正 | 14:15 PM

コメントは受け付けていません。