日常

秋の歯科健診

どうも広島の矯正歯科です。

先日、ある小学校の歯科健診に行きました。

広島市の歯科健診は、

広島市の歯科医師会に所属する歯科医師が、

各小学校や中学校に振り分けられて行うのです。



春は、歯式というものを書き、

どの歯が虫歯かを詳細に調べるものですが、

秋は、ほとんど虫歯の数を数えるというものになります。

・・・らしいです。

(ちなみに、歯科検診にはこんなマニュアルがあります
これが春の健診です)




隣の歯科医師が3クラス診る時間で、

私は2クラスしか診れませんでしたので、

私のところで待っていた3クラス目の人は、

だいぶ待ったんだと思いますよ~。

・・・・ちゃんとじっくり診たということで

許してくださいませ。

だって、私、今秋が健診初めてなんですもん←


私が行った小学校では、

ちょうどお昼にね、

ヒジキみたいな給食があったらしく、

虫歯の穴かヒジキかが解り難い状態でした←診るのが遅くなった言い訳
(清潔さの関係から口の中には鏡しか入れちゃいけないですから
ちょっとヒジキかどうか触ることが出来ないんですよね)




私の本職は矯正歯科医ですので、

虫歯ある人より

矯正した方が良いなと思う子が多かったのですが、

春とは違うので、そこまで言えなかったです。

上顎の前歯が出ているとかも言いたいところですが、

それ以上にこのままだと下の顎が曲がる可能性がある子が

100人ぐらいみたなかで2,3人いたんですよね。



それにしても、私が行った学校では、

置いてあるスリッパに、

私達の名前のカードがさしてあったり、

集合場所(校長室だったのですけど)から、診察する場所まで、

1人1人小学生が案内してくれたりと、

おもてなしの心満載で、

私は恐縮しておりました。


どれくらい恐縮していたかというと、

小学生に敬語を使うぐらいです。

次の時はもうちょっと緊張しないようにしたいですね~。


Category:日常 | 16:42 PM

コメントは受け付けていません。