広島の歯列矯正

ロウ着について

12月は早い!

3日置きにブログ書いているつもりが、

直ぐに1週間とか経ってしまう。。。

人生とは儚いものですねと思っている(←全然上の分と関係ない)

広島の矯正歯科医です。

言い訳もスマートに済ませたところで、

今日は『ロウ着(ろうちゃく)をする』ってお話です。




前にリンガルアーチって言う名前の装置を

解説しましたよね?

えっと、どこだったっけ?

書いてる自分でも忘れるぐらいだわ。

あっ、ありました。ここです。


この文章の中で『いつか書く』って書いていた話ですね。

2年半の伏線を張って、今、満を持して(←嘘つけ。)

ロウ着を書けるこの喜び(←しらじらしい)



ロウ着ってのは、

『二つの金属をロウという材料によって引っ付ける作業』

です。簡単に書きすぎましたかな?


そう、いわば金属と金属の接着剤。。




『ロウ』と聞いて皆さん何を想像するでしょうか?




たぶん、ロウソクじゃないですか?


私はそう思っていたので、

皆さんも、そうだと仮定してお話します。


あんな、ロウごときで金属をどうやってくっつけるのか、

疑問に沸きませんか?

沸きますよね~。

ロウをぽたぽたさせてそれが固まってくっつくのかとか。。






でもね、

はっきり言いまして、ロウソクでは金属は付きません。

たぶん、無理です。。

少なくとも私は無理です。。。。





『ロウ』は、なんとまあ金属なのです。


まったく、ややこしいから他の名前つければよかったのに

って思いますが。。



この金属、融点(溶ける温度)が、

普通の金属より低いんです。

この温度が低いことがミソです。


こっから後の話は、ロウ着(ロウ付け)、ハンダ付け

とかしたことある人の方が解りやすいかもしれません。


ハンダも金属と金属を引っ付けるものですもんね。

(うまれてハンダ付けをしたことないので、

想像で書いてますが)




私達は、このロウ着は主に、2つのワイヤーを引っ付けるのに

使います。




話は突然替わりますが、

魚が美味しい季節になりました。


回転寿司屋にもたまには行きます。(一皿100円の・・・・)


あれってワクワクしますよね。

自分で選ぶのが快感。。


そんなとき、メニュー表に『あぶりサーモン』とか『あぶりトロ』とか

見つけちゃうわけですよ。


店員さんに頼みますね~、『あぶりサーモン下さい』なんて。


店員さんは、『へい、よろこんで』なんて言いながら、

サーモンを握ってくれるわけです。


そして、メインイベント、ガスバーナーを持って

ぼ~~~~~~っと、サーモンをあぶる。

ほんのり表面が焦げ目が出来た

サーモンが出てくるわけです。。。。。


もうこれが、口の中に入ると・・・・



っとそのときのガスバーナーに注目。

私達矯正歯科も同じようなものを使います。

(長い前フリでした(笑))


図1ま~だいたいこんな形してます。



スイッチをポンと押すと、

ガストーチなので青白い炎がでます。


(昔小学校のときに習いましたね。

アルコールランプとガスバーナーの違いって、

ガスなので青白い炎です)


ロウを溶かすのにこれを使用します。



私達が使うロウは、



図2
左の絵のように、金色の線なのです。


この先っぽに火を当てると、

どんどん溶けていって丸くなっていきます。



融点が低い低いって書きましたけど、

それでも700度から1000度ぐらいと、

日常生活では考えられない温度なので、

火が無くなったら固まります。



図3
ここで、ワイヤー登場です。

これにロウをこんな感じで引っ付けて

(手は省略してますが、ワイヤーもロウも手で持ってます)

火を当てます。





そうすると、

丸まってきて、



図4
こんな風に、ワイヤーに引っ付くのです。

このときのロウの形はラグビーボール状にすること

と教わってきました。






さて、それではワイヤーをくっつけてみましょう。



図5
先ほどのワイヤーより細いワイヤーを引っ付けます。

(シャーペンの芯ぐらいの太さです)








図6
ロウは固まってますので、もう一度火をつけて

あっためます。

そうすると、左の絵のように溶けてまいります。

そこに、そのまま火を当てながら指でつまんだワイヤーを

赤い矢印の方向に持って行きます。

そして、すばやくロウの中に入れて、火を離します。




図7
そうするとロウが1,2秒で固まりますので、

ワイヤーが見事にくっつきました!



ちなみに、上に書いたように

太い針金のど真ん中に当てていないといけません。



図8
このように、太い針金の端っことかに引っ付けても

いけませんし、

細いワイヤーを絶対に焦がしてはなりません。



私、新人のときにはこのロウ着は大苦手でした。



シャーペンの芯をシャーペンの芯2本分ぐらいの太さの

針金に一発でど真ん中に当てないといけないんです。

慣れるまで時間かかりました~。。

髪の毛を焦がした人もいましたしね(←なぜ?と思いました?)


この作業を、患者さんの目の前で行わないといけないので、

失敗ばっかりしてると、

はっきり言って恥ずかしい。。。


上の先生には、『もう一回付け直して』って言われるし

患者さんには『まだ~?』って目で見られるし

相当トラウマになりましたね。


夜、大学残って練習とかしてました。

いや~、懐かしい。


そのかいあって、今は患者さんと話しながらやっても

滅多に失敗はしないんですけど、


でも緊張はします。。。


この二つの針金を引っ付けて何するか?

色々あるんですが、

一番よく使用されるのが

リンガルアーチって装置なんですね~。

ということで、

リンガルアーチの所を見てくださいませ。



Category:広島の歯列矯正 | 21:20 PM

コメントは受け付けていません。