国家試験など

勘違いしやすいこと(レジンリムービングプライヤーとバンドリムービングプライヤー)

おおっ、なんか、歯科衛生士国家試験の検索で、

うちのブログを検索している人がいることに

驚いている広島の矯正歯科医です。


せっかくなので、1つぐらいは、

国家試験対策用に書いてみよう。




模擬試験(特にDESの奴)は、大概、本番より

難易度高い問題持ってきているので、

点数悪かったとしてもあまり気を落とさずに。

それでも、DESまでとはいきませんが、

最近の国家試験は少し捻ってきている問題多いです。


今回は、矯正においての勉強で嫌な分野のお話し。

矯正治療で使われる器具についてです。


矯正の器具を覚えるのって大変ですよね。

器具を覚える際は、

『最新歯科衛生士教本 歯科矯正』の127ページからの

器具と役割を覚えていく必要もあると思いますが、

最近の問題出題の傾向から見るに、

どちらかというと138ページからの方が大事っぽい気がします。

そちらの方が、診療の流れでどのように使われるのかが

解りますので。


ここを検索で見つけてこられた方は、

多分知っていると思いますが、

一昨年、昨年の国家試験においては、

写真を見せて、『この器具の名称は何か?』という風な、

単純な問題はありませんでした。例えばこんなの。

問午後53









問午後53図
この問題の場合、まずこの←で示されている、

青いものを知っておかないといけません。

ちなみにこの青いものはモジュールではありませんよ。

『セパレート(ゴム)』です。

この作業は、バンドを入れる際の予備準備として

行われます。

(ちなみに大学での私の師匠は、これをした時の
患者さんの苦痛が嫌って言い、強引にバンドいれてました)

このセパレートは『セパレーティングプライヤー』というものを

用いて行いますので、正解はdです。


実際に使用しているのは、先程の本の140ページに載ってますので、

そちらをご覧ください。


前置長!

ということで、結構頻出するプライヤーのお話をしましょう。

昨年も出ているので、今年は出ないかもですけど。。。


問午後104











問午後104図

って言うかね、この写真見づらいんよ!

と文句を言ってみる(笑)

だから、私は初見の時に意味が解らなかったですもん。

➀がバンドリムービングプライヤー
➁が先程のセパレイティングプライヤー
(↑これもタイイングプライヤーと似ているから勘違いしないように)
➂がバンドプッシャー
➃がバンドコンタリングプライヤー
(↑私はほとんど使用しない)

と見て?????あれ全部使うよね。。。。

強いて言えば、➁が『装着』する日には使わないか、

➃も装着じゃなくてバンドの形を整えるから、

正確じゃないと『装着』じゃないよね。。。

とか、5秒ぐらい違うことばっかり思っていました。


今日のブログの題名でお解りだと思いますが、

➀の名前が違っています。

この➀は『レジンリムービングプライヤー』です。

だから、写真が見づらいんだって!老眼入ったかな(笑)



レジンリムービングプライヤーは絶対に

バンドの試適、装着には使いません。

ということで、長くなってきたので、

明日に続き書きます。







Category:国家試験など | 16:34 PM

コメントは受け付けていません。