学会について, 広島の歯列矯正

軽く講演会に出席

どうも広島市の矯正歯科医院です。

先週の火曜日だったっけ(←オジサンだから記憶曖昧)

広島大学にてMcLaughlin先生の講演会がありましたので、

行ってきました。




DSC_1201

ネット社会により、だいぶ薄まった感がありますが、

基本的に、誰かしらの講演を聞くときは、

それに見合った代金を払う必要があるものです。

2時間の講演ですが、『タダ』でしたので、

行ってまいりました。太っ腹。


McLaughlin先生は、『MBTシステム』というシステムにて

治療をしている先生です。

・・・・違う、開発した先生です。


MBTシステムのMの頭文字は、

McLaughlin先生のMです。

読み方が解らんですか?

一応、カタカナではマクローリン先生と言ってます。



久しぶりの広島大学(南区の霞にあるやつ)に行ってみると、

ちょっとずつ変わっていましたね。

そして、2時間、英語の講演。。。

いやいや、これも久々。

通訳無い英語の時は集中しないといけないから、

辛いんですよね。でもタダだし(←強調です)、

なんとか集中しておりました。


集中した結果、、、

ほとんどが知っている内容であることに

気付きました。

(というか、MBTシステムについては、
何回か講演聞いたことあるからでしょうけど)

もうちょっと、応用の話聞きたかったのですが、

それはお金を出さないといけませんね。



でもいいのです。

無理くりにでも何か勉強しておくという

状況(姿勢)を作り出す必要があるのですから。


前回の記事で、1回だけちょろっと言葉を出したのですが、

人の顔の軟組織を見る『アーネット分析』は

このシステムの中で、紹介されたから

知っているのであります。


そして、講演の途中で、

前回の記事を書こうと思ったので、

知っている内容でも結果オーライなのです。


なんか、色々な雑務に追われる感じの今日この頃ですが、

なるべく積極的に知識を吸収していきたく思います。










Category:学会について, 広島の歯列矯正 | 14:57 PM

コメントは受け付けていません。