広島の歯列矯正

クローズドコイルスプリング(マルチブラケットで使用する小道具シリーズ)

お腹が空いたな~と思っている私です。

(やる気のない自己紹介ですこと。)

今日は、久しぶりに、マルチブラケット装置において

併用して使う小道具シリーズです。


はじめに

前に一度、オープンコイルスプリングについて書きましたが、

同じコイルスプリングでもこれは逆です。

まー、バネはバネなんですけどね。

オープンが、『歯と歯の隙間を開ける』という意味なら、

クローズドは、『歯と歯の隙間を閉める』という意味でしょう。

オープンとクローズが並んでいると、この言葉を思い出します。

『クローズ ユア アイズ、オープン ユア マウス、レディーゴー』

・・・・大学の時のお酒の席でのお話し。。。。
(※酒の強要は止めましょうね)

 

クローズドコイルの写真

さて、話を戻します。

795316b92fc766b0181f6fef074f03fa (業者トミーさんのカタログから)

こんな感じのバネなのです。

 

クローズドコイルの使用方法

 

ここからは、これを元に絵にしたものでお話しします。

図2
オープンコイルスプリングとの違いは、

バネの左右に穴が開いた取っ手みたいなものが

付いていることです。

 

 

図3
そして、指などで引っ張ると、

このように伸びますが、

指を話すとすぐに閉じます。

 

 

図4
エキスパンダー!!(ネプチューンのホリケンみたいに)

いえ、すみません。どうしも言ってみたかっただけです。

この、クローズドコイルは、

まるでエキスパンダーみたいなものです。

 

 

 

図5

 

使い方としては、バネの両端の穴が開いている所を

こういう風に引っかけるところに、

バネを伸ばしながら引っかけると、

バネは⇒のように縮もうとします。

 

 

図6

 

その結果、歯が寄せられることになります。

やっていることは、前に書いた高弾性チェーン

変わりがありません。

 

 

クローズドコイルの利点と欠点

利点としましては、

パワーチェーン等の商品がある高弾性チェーンより

持続力があるということです。

欠点としましては、

高弾性チェーンより、目立つのと

歯ブラシがしにくいことです。

なんせ、バネですから、バネの中に入った食べ物が

取り難くて大変です。


Category:広島の歯列矯正 | 11:46 AM

コメントは受け付けていません。