広島の歯列矯正

機能的矯正装置その3 (ファンクションレギュレーター)

久々ですね。

お元気ですか?広島市の矯正歯科医です。

さて、今回は、ファンクショナルレギュレーターについてです。








私の中では『フレンケルの装置』と習っていました。


『機能的矯正装置とは、装置自体は矯正力を発揮せず、
下顎の運動に関与する咀嚼筋、舌骨上筋などの
口腔周囲筋の機能力を、
装置を介して矯正力として利用することによって、
あるいは逆に筋の力を排除することによって、
や顎の移動を行う矯正装置である。


前回のリップバンパーが力を加えるという足し算なのですが、

今回は、引き算の美学。



前に『バクシネーターメカニズム』の話をしましたが、

その話をフルに使う装置です。

結局ここまで引っ張っておいて申し訳ありませんが、

綺麗な図にならんかったorz


%e5%9b%b31

教科書と見比べてくださいませ。


さて、

問題が複雑だと理解も難しいので、

今回は、頬からの力が強いということにします。





%e5%9b%b32
そもそも、バクシネーターメカニズムの項で

書きましたが、

歯は、隣在歯、対合歯はもとより、

頬と舌、唇の力により、維持されています。

ですので、普通は、頬と舌の力がつりあった場所に

歯が並ぶわけです。




%e5%9b%b33
そこで、何らかの要因により、

頬から受ける力と、

舌から受ける力のバランスが崩れたとしましょう。









最初は、見えませんが、

少し時間が経つと、力のバランスが

崩れているので、こうなります。


%e5%9b%b34

側方歯群が、内側に押されてしまい、

鞍状歯列弓になってしまいました。






%e5%9b%b31
そこで、この装置の出番です。

この装置の頬側にある大きなレジンの部分、

ここが働くのです。







%e5%9b%b35

上から見るとこんな感じで、

歯と頬の間に盾みたいに入り込むことにより、

歯が頬側から受ける強大な力を

排除することになります。


こうなれば、舌の弱い力でも、

歯は逆に頬側に向かって動くことが出来るので、

%e5%9b%b36

このように、良い状態に戻るという訳です。









この装置も装置の中に動力があるわけではなく、

ただ、単に『盾』としてそこに入れられたものです。

しかし、その装置を入れることにより、

周囲の軟組織(今回は頬粘膜)が変化させられて、

その結果、これまた軟組織(舌)により歯が動くという、

間接的に力を与えた装置になります。


これが機能的装置のイメージです。

そろそろ、『機能的矯正装置』の言わんとすることが、

朧気ながらに理解することが出来ましたかね?







Category:広島の歯列矯正 | 11:46 AM

コメントは受け付けていません。