広島の歯列矯正

側貌セファロ写真から解ること

おーい、前回のブログから1ケ月が経過してるぞ~、

との突っ込みがあったのかなかったのかは定かではありませんが、

続き書きます(笑)

 

 

本日は、側貌セファロ写真から解ることは?です。

あまりにも漠然としすぎているので、

うちに実習に来ている衛生士さんの卵の子たちにも

『????』と思われてしまいます。

 

衛生士の国家試験においては、

『側貌セファロから解らないことは次のどれか?』

みたいな設問で、具体的に選択肢があるので、

解りやすいんでしょうけどね。

 

単純に1文で書くと、

『横から見て解ることが解ります』です。

数少ない読者みんなの怒りが聞こえてくるようだ。。。

 

前に書きましたね、上顎前突には種類があると

治療方法も微妙に違うって書きました。

上顎前突や下顎前突などは正面からみるより

横から見るとその前突の大きさが解りやすいのです。

顔を見ることでもある程度わかりますが、

それらを判断することに自信を持たせてくれるのが

この側貌セファロ写真です。

 

色々解ることはあるのですが、

以下の様なことが主に解ります。

①頭に対しての上の顎の前後的及び垂直な位置

②頭に対しての下の顎の前後的及び垂直的な位置

③上の顎に対しての下の顎の前後的及び垂直的な位置

④前歯の前後的な傾き

国家試験的にはこんな感じ・・・・だと思う(自身無し。。。)

 

他にも色々とありますが、

矯正の流派によって、見ることが違いますので、

ここでは割愛させていただきますね~。

 

 

 

 

 

 

 


Category:広島の歯列矯正 | 13:36 PM

コメントは受け付けていません。