国家試験など, 広島の歯列矯正

結紮のやり方(モジュール)

前回は結紮線を使って、

ワイヤーをブラケットにくくりつけるやり方を

ご紹介しました。

今回はモジュールについてです。



まずはモジュールというものです。

この大きな輪っかではなく、

そこにマトワリついている小さな輪っかです。

DSC_2067
針金ではありません。

このように小さな輪ゴムみたいなものです。

 

歯科衛生士の国家試験的には

『モスキート』と呼ばれるものを使用します。

(※当院ではモスキートあまり使ってないけど。。。)

 

➀モジュールをモスキートでつまんで

DSC_2069
 

➁ちぎって

➂それをブラケットの周りに引っかける

DSC_2072
これだけ。

DSC_2073
結紮線より結ばれるのは楽かもしれません。

当院では、頻度は多くありません。

なんとなく結紮線の方が慣れているからですね。

 

また、モジュールは、針金と違って

水を良く吸うので、

虫歯菌が溜まりやすい環境にはなるという

欠点もあります。

 

 

ただ、このモジュール、

例に示した透明のものだけではありません。

このようにカラフルになっているものもあります。

DSC_2074
ですので、矯正治療をファッションとしてやられている人は、

前歯部の結紮のこのカラフルモジュールで望まれる場合があるので、

その際は使用しています。

赤と緑でクリスマスカラーとかですね。

 

矯正治療を受診される人にも色々いて、

全く装置が見えてほしくはない、

装置が目立ってほしくない、

というタイプの方が多いのですが、

このように可愛くしたいとか

治療に慣れてきて飽きてきたので

少し新鮮な気持ちに替えたいなど

色々な理由でカラーのモジュールを選択される方も

おられるのです。

そんな訳で、うちではそんなに使いませんが、

衛生士国家試験では2年連チャンでモジュール関係が出たことあります。

(問題作成者が一緒じゃないのかな?と思っています)

 

問98
問98図
というか、写真が見づらいねん。。。

最初エラストメトリックチェーンかと思ったわ。

(パワーチェーンのことね)

 

 

問午後104
問午後104図
 

これは、文中でも書きました。

教科書には『モスキートフォーセップ』と書いてますから

それで。

(いいじゃんね~、ホウ使っても←健全な受験生は聞く耳を持ってはいけません)

 

 

 

 


Category:国家試験など, 広島の歯列矯正 | 9:51 AM

コメントは受け付けていません。