広島の歯列矯正

広島市の歯科健診について

小学校や中学校などでは、

春の健康診断真っ盛り。

と言っても、もう終盤でしょうか?

本日は、

『定期健康診断(歯・口腔)結果のお知らせ』

の紙でチェックがついている方へのお話です。

 


広島市の歯科健診、誰がやってるの?

 

広島市のうち、南区、中区、東区、西区については、

広島市歯科医師会に所属している

歯科医師が歯科健診を行っております。

 

年に2回あるのですが、

春に関しては、まー、細かく見ます。

 

歯科医師も少し大変なのですが、

恐らく、歯科の記号に慣れない学校の先生方が

歯科医師が読み上げる記号を記録することの方が

すっごい大変(なはず・・・いつもありがとうございます)。

 

歯科健診でどんなことを調べるの?

春の歯科健診においては、

顎関節の異常、歯列、咬合の異常、歯垢の付着

歯肉炎、むし歯(COを含む)、要注意乳歯について

主に調べます。

 

➀顎関節の異常

口を開けた時に下顎が横にずれたり、

耳の前あたりで、

コキコキとかジャリジャリなどの音がなる場合、

又は顎を開けるときに痛みがあったりする場合、

ここがチェックされます。

一般のかかりつけ歯科に相談、

もしくは口腔外科と呼ばれるところで相談されると

良いかもです。

 

②歯列咬合の異常

矯正治療に関わる問題です。

具体的に、どんな時にチェックするのかは、

日本学校歯科医会により決められているので、

それについて詳細は次回にします。

 

➂歯垢の付着

前歯部についている歯垢を診ています。

 

ですが、

だいたい歯科健診って

午後一番にあります。

ですので、昼食後に歯磨きをしていないと、

一定量の歯垢は溜まっていますよね。

学校によっては、歯科健診の日は

歯ブラシが義務付けられているところもあります。

 

私個人的な感覚では、

その日の昼ではなく、古い歯垢がある場合に

ここはチェックを行います。

 

歯垢だけなら、自分で歯磨き頑張れば良いでしょうし、

気になるようでしたら、

かかりつけ歯科に行ってください。

 

➃歯肉の異常

これも前歯部の観察となります。

臼歯部の観察はしなくても

大丈夫というわけではありません。

1人1人の健診にかける時間帯も少ないですし、

ライトで口の中も簡易なものしかないので、

前歯部だけを診ているのです。

 

歯肉炎の多くの原因は、

歯垢やそれが固まった歯石によるものです。

歯垢は取れますが、歯石は自分では取るのが難しいので、

かかりつけ歯科で取ってもらってください。

 

また、稀に、歯垢や歯石がそんなに付いていないくても、

出血などがある若年性歯周炎というものもあります。

歯を支える骨などが急速に無くなることもありますので、

歯肉炎ぐらいと言わず、

かかりつけ歯科で診てもらってくださいね。

 

➄う蝕

さぁ、やっと主役が来ました。

今まで述べてきた4つは、

健診でチェックするようになって

そんなに歴史が古くありません。

 

ですが、このう蝕のチェック項目は、

私が受診した30年前には既にありました。

歯科健診と言えば、これをやらないと意味ないですよね。

 

とは、言うものの、

最近はだいぶ虫歯も減っていますから、

虫歯と判断するまでではないけど、

健康ではないという『CO』という概念が入っています。

これらが、どれか1本でも存在すれば、

むし歯の項目にチェックされます。

 

ですので、むし歯にチェックされていても、

歯科医院に行ったら、

結局何もされなかった

ってのはあるかもしれません。

 

また、歯科健診では、

口をしっかり開けてくれない子も

おりますので(思春期ですね~)、

本当に光が届かず、見にくくて、

う蝕っぽいのがあれば、COと判断されるかもしれません。

 

当院でも、

歯列咬合の異常とむし歯にチェックされている紙を

持ってこられることがありますが、

よくライトを当ててじっくり見ても

『う蝕は無いよね』ということがありますです。

でも、う蝕だったのに、それを見逃したというよりは

マシかと思われます。

 

 

➅要注意乳歯

このカテゴリーにチェックされる場合は、

『もう抜いちゃおうよその乳歯』と

言われているのと思っていただいて、ほぼ結構です。

 

自分で頑張って抜くか、

歯科で抜くかは自分で選ぼう(笑)

 

終わりに

と、ここまで独断で書いてきました。

今年から、ご家庭に配られる様式が変わりました。

広島市の幼稚園、学校ではどこも同じです。

(と広島市学校保健会歯科保健対策委員会というところが

言っておられました)

 

私の個人的な見解はともかく、

その用紙の裏には、基本的には全て

『かかりつけの歯科医で相談してください』に

なっておりますので、

それが典型ルールみたいです。

 

それでは、次回はこの歯科健診の歯列咬合の異常について

ちょっとだけ詳しく書きますね。

(私、実は矯正歯科医なんです)

 

 


Category:広島の歯列矯正 | 18:45 PM

コメントは受け付けていません。