広島の歯列矯正

3歳児健康診査

広島市においては、広島市歯科医師会の会員が順番に、

1歳半健診や3歳健診に行きます。

今週は、私が3歳児健診に行っておりました。



広島市では原則として3歳4~5か月児となってます。

内科及び歯科診察や身体測定、視聴覚検査、尿検査、保健指導・相談、

親子ふれあい遊びなどを行うこととなっています。

だいたい、1回の人数が20~30人程みたいです。

 

歯科健診においては、生えている歯に対して、

むし歯があるかどうか、不正咬合があるかどうかを

調査します。

 

むし歯はあんまり無かったですね。

ただ、不正咬合の所はチェックする場合もありました。

 

・・・・・が、私自身は3歳ぐらいで治療を行うのは、

装置を入れる等の大変さを考えると、

もう少し成長してからで良いかなと思うので、

『一応上顎前突に丸は付けますが、まだ治療は良いかもです。

出来れば鼻呼吸をしてくださいね』等と

お伝えしてお返ししておりました。

 

著明な反対咬合や、顎の偏位があれば詳しく見た方が

良いとお伝えするのですが、そこまでの方はおられませんでした。

 

チェアーに上げられて素直に口を開ける子、

泣きじゃくって開けてくれない子など

色々な子がいて楽しかったです。

皆さん健やかに育っていただければと思います。

 

・・・・すっごい真面目に書いてない?この文章(笑)


Category:広島の歯列矯正 | 10:22 AM

コメントは受け付けていません。