広島の歯列矯正

印象の時の嘔吐反射について

前回、印象を採るときの嘔吐反射について書きました。

それで、今回は、その対処法を書くことに

したのですが、

そこまで、大した対処方法を持っているわけでは

ありません。何かあ りましたら皆さん教えてくださいな。

私は、親の影響もあり、初めて印象を採られたのは

5歳のころでした。

『ちょっと、遊びに行こう』と言われ

連れて行かれたのは、大学病院の矯正科。。。

何も知らない純粋な私は、楽しんでいました。

立派なイスに座らせてもらい、楽しんでいました。

そしたら、若い白い服を着た兄ちゃんや姉ちゃんが

5、6人取り囲み。

『おおっ、なんやなんや』

まだまだ楽しんでいました。
その中の1人が、おもむろにピンク色の粘土みたいなものを

入れました。

多分、私は、口に入れられるまで楽しんでいたのでしょう。

しか~~~し

その後、一気に気持ち悪くなり

吐きました。。。。

うちの父親は笑ってました。

今、考えると

くらえ!肘鉄o(“>_<)っ★(#’3′)

したいぐらいです。。

さて、ただの印象の練習台になった私が

年取って印象を採っているんです。

人生おかしなものですね。

そんな経験も踏まえて

気をつけていることをお話します。

①子供には気をつけよう。

大人に比べ子供は嘔吐反射がきついように

思えます。特に今まで印象を採ったことがない

お子様は注意です。。。

②そんなお子様に対しては、

なるべくリラックスさせます。

つまり、私自身をネタにして落として

笑わせるようにしようと努力します。

とまあ、アホみたいな対処法ばっかじゃないんで、

こっからは技術的に。。

③まず、アルジネートは固めに練ります。

昨日はとろりんシューのクリームといいましたが、

実際は、あんこぐらいの固さで勝負します。

固めで練ると固まるのが早いので

苦しい期間はちょっとだけになります。

④トレーに乗っけたアルジネートの後ろの方は

若干少なめにします。

無論、喉の方までながさないためです。

⑤鼻で息をさせます。

口で息をすると苦しいのです。

そんときに『鼻で息して~、息して~』って

呪文のように患者さんに繰り返して言って

お鼻で息をゆっくりするように促します。

なんか、言い方が変で、患者さんに

『AVビデオの監督みたい』って言われたこともあります。

AVビデオの監督って。。。。o( _ _ )o ショボーン

⑥患者さんに寝てもらうのではなく、座ってとります。

これも喉の方にアルジネートが行かないようにするためです。

⑦どこでもいいので他に意識を向けさせます。

たとえば、『お腹に意識集中!』とか

『足の指に力を入れてー』とか、『足をあげて~』とか

言って、そこに意識を集中させてみたり

私のおかしなトークで感じさせないようにしたり。。。。

こんなところですかね。。

基本的には、固く練って、お鼻で息をさせて座らせて採る!

ということですな。。。

他に何かあれば教えてくださいね。

ちなみに、当院ではほとんど歯科衛生士がやります。

ですので、私よりは上手いかと思われます。。

・・・あっ、書くのを忘れてました。

どうしても印象ダメな人には麻酔(キシロカインって言いますが)の薬を

嘔吐反射する神経がある場所に塗ります、というより

スプレーなので吹き付けます。

これで、気持ち悪くなくなることがあります。

※でも、なかにはこのスプレーをした瞬間に

吐きそうになる方もあられますので、

私は余程のことがない限り使いません。


Category:広島の歯列矯正 | 10:57 AM

コメントは受け付けていません。