広島の歯列矯正

歯の長さを測るのです。

前に上の歯と下の歯の割合って

地味に大事って書きました。

 

もちろん、最初の治療計画の際にも

考慮して考えます。

ということは、歯の大きさを計測する必要がある訳です。

どうやっているのでしょうか?



すごい高度な事を想像されました?

医院によっては、スキャナーしてコンピューター上で

測って結果を出すというところもありますが、、、

うちは、残念ながらそんなことありません(笑)

(でもね、原始的なやり方の方が人情味あふれると思いません?

と心の中で負け惜しみをいってみる。。。心の声)

 

 

使うものはこれ。

IMG_2414

 

 

 

 

 

 

 

 

   ノギス

まっ、簡単に言ったらものさしですよ、

も・の・さ・し!

 

ホントに、原始的ですよ。

そのノギスをこんな風に使って、長さを測るんです。

IMG_2415

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノギスの目盛の読み方は、大学に入った時の物理実習で初めて知りました。

上の大きな目盛りが、mmです。下に小さな目盛があるのですが、これが、0.1mm単位。

この場合は、下の目盛の『0』の場所が、上の目盛の7と8の間にありますので、

7mm代ということになります。

で、あとは、上の目盛と下の目盛がピッタリ合うところがあるので、その目盛を読みます。

この場合は下の目盛が『6』のところらへんで、上の目盛の線とピッタリ合っているので、

この歯の幅の大きさは7.6mmということになります。

 

最初は、このノギスの使い方がいまいち解らなかったので嫌になりました(笑)

 

ということで、コンピュータースキャナが無い場合は、基本的には

模型で直接長さを測ることになります

 

模型で長さを測って解るものとしては、以下のようなものです。

①全ての歯の幅

②上の前歯と下の前歯の関係:オーバージェットとオーバーバイトという部分を測ります

③歯列の長さ

④歯列の左右の幅

⑤AngleⅡ級やⅢ級の場合、臼歯部のズレの長さ

 

①については、今日書いた写真の通りです。

他の②~⑤については、また書いて行きたいと思います。

 

 

 


Category:広島の歯列矯正 | 11:03 AM

コメントは受け付けていません。