広島の歯列矯正

マルチブラケット装置(ブラケット)

ブランケットってあるじゃないですかー。

そうそう、あの毛布みたいなヌクヌクになるためのもの。

 

断言します、あれとは違います。(←当たり前なのに力説)



矯正で使うブラケットとは、歯に引っ付いているあのブツブツのことです。

図6

 

 

 

 

今では多くの医院で、

前歯は透明なものを使っているかと思いますので、昔よりは見えにくくなっているかと思います。

 

ですが、これだけでは歯に力を加えることは出来ません。

このブラケットというものは、歯に力を加える為の取っ掛かりを作っていることが、

主な目的なのです。

 

ですので、力を加えないことになれば、

ただの障害物としか言えませんね。

歯磨きはしずらくなるじゃ~、口内炎は出来やすくなるじゃ~と

良いことは1つも無い(笑)

・・・・・いや、ファッションとしての効果はあるのかもしれない。。。

 

 

その歯を実際に動かすものは色々と違うものを使用することになります。

先程の目立たないような装置だとにしても、針金を通して使いますので、

図3

 

 

こんな感じで横に伸びた金属の線が装着されることになります。

この金属の線を引っ掛けて歯を動かせるようにするために、

ブラケットというものは存在しているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Category:広島の歯列矯正 | 15:59 PM

コメントは受け付けていません。