広島の歯列矯正

治療の難易度4 無くて七癖

人には無くて七癖というものがあるそうで。

口の中にも色々な癖と言うものがあったりします。

一番良くあるのは舌の癖。

他にも、唇を咬んだり、爪を咬んだりするのもあります。

それに大きな観点から言うと、

咬み癖とかもありますね。

これらが、残っているとなかなか治療が進まないなどがあります。

でも癖ってなかなか治らないんですよね。

そこが治療を難しくすることがあります。

あと、癖とはちょっと違うのですが、

咬む位置が定まっていない場合なんかは、

とてつもなく難しくなっていきます。

これについては、また詳しくするとして、

今日はここまででございます。


Category:広島の歯列矯正 | 17:35 PM

コメントは受け付けていません。