広島の歯列矯正

歯がなぜUの字に並ぶのか その2

この前の続きです。

歯がなぜUの字に並ぶのか。



答えを簡単に書くと

「そこに並ばざるを得ないから」です。

どういう事かというと、

口の中には、もうそこの場所にしか並ぶ場所がないのです。

口の中は狭いんですよ。

 

図2
まずは舌を書いてみました。

もうこれ自体がこの形をしていますから、

勘のよい方は、既に分かりますよね。

ただ、これでは完全なる答えにはなりませんので、

続きを書きます。

 

 

図3
舌の前には、唇があります。

それを並べるとこうなりますよね。

横に空間がありますが、

私達の口でこんなことになるはずがない(笑)

だって、なければ、舌が透けて見えることになりますよー。

いや~、怖い怖い。。。

 

ですので、横にもあるわけです。

図4
 

そう、ほっぺたがね。

ほらほら完成してきたでしょ?

満を持して歯に登場してもらいましょうかね。

 

 

図5

 

歯の本数は正しくないです。

ええっ、この絵を描いた人の

センスがなかっただけです(笑)

 

『えっ?歯がそこにあるから、舌とか避けているんでしょ?』

 

って思う方もおられると思います。

 

確かに、そういう一面はあります。

 

男女のカップルがいて、

 

男性だけが女性と付き合っているとは言いません、

 

女性も男性と付き合っていると言えますよね。

 

持ちつ持たれつなんです。

同じように舌とかが歯に影響を与え、

歯が舌とかに影響を与えることになっているのです。

ですが、男女の関係同様、対等になることはないと思います。

カップルでも好きの度合いが違う場合は、

どちらかがどちらかに依存してしまっていますが、

同じように、口の中では、どちらかというと、

歯の方が立場が弱いと考えています。

それについては次回に。


Category:広島の歯列矯正 | 14:09 PM

コメントは受け付けていません。