広島の歯列矯正

マルチブラケットで使用する小道具(高弾性チェーン)

今日は、毛色を変えてマルチブラケット装置にて使用する小道具を

1つお話しますね。

マルチブラケット装置 の主役は、

歯に接着するブラケットと針金が主役です。

だけど、これ以外にもたくさんの脇役がいるのです。

そんな脇役達にもスポットを当てちゃおうって言う

お話です。

今日は、コイツです。

パワーチェーン

 

なんだ?これは?

これは高弾性の性質を持つチェーンです。

 

だぁ・かぁ・らぁ、なに?って怒られ声が聞こえてきそうです(笑)

チェーンですので、まぁあれですよ、鎖のことです。

だから、高弾性(弾力が強い)鎖ってことですね。

まぁ、ゴムみたいなものだと思ってください(ゴムの成分は入ってないけど)。

 

私は、コイツのことは高弾性チェーンとは呼びません。

言いにくいですし。

『パワーチェーン』と呼んでいます。

パワーチェーンって商品名なんです、多分。。。

他の会社も同じようなもの出して色々名前が違いますが、

なぜかパワーチェーンと呼ぶことが

定着している様な気がします。

これは、ラップと言えば『サランラップ』

バンソウコウと言えば『バンドエイド』

瞬間接着剤と言えば『アロンアルファ』と

呼ばれているのと同じような感じなのでしょうね。

 

さてさて、コイツはどんなことをするのか、

一言 で言いますと、

歯を引っ張ります』です。

もう少しだけ詳しく説明しますね。

このチェーンはゴムみたいに伸び縮みします。

図1

チェーンを引っ張ると左の絵の赤い矢印のように

びよ~~~んって伸びます。

伸びたチェーンは青い矢印のように

縮もうとします。

この性質を利用しています。

 

実際に使ってみましょう。

このチェーン、どこにも引っ掛けることは出来るのですが

今回はオーソドックスの使い方を。

 

図2

歯に付いてるブラケットに左の絵のように引っ掛けます。

そうして、ピンセットなど挟めるもので挟んで

赤い矢印のように引っ張ります。

 

 

そうすると、先ほど述べた性質により

 

図3

 

びよ~んって伸びますよね。

そうして、穴になっているところを

同じく違う歯のブラケットにかけちゃいます。

 

 

図4

 

このチェーンは、元に戻ろうとしますので、

赤い矢印の方向に収縮しようとします。

 

 

 

図5そのときの力を利用することによって

こんな風に歯が動いて

赤い矢印のように隙間が閉じるわけです。

 

 

 

という訳で、歯の隙間を閉じるときにはよく使用されます。

このチェーンは、変色しますし(特にカレーなどで)、

2週間ぐらいで引っ張る力が無くなってしまうので

治療に来られたときは、新しいのに交換します。

 

 

 


Category:広島の歯列矯正 | 16:48 PM

コメントは受け付けていません。