広島の歯列矯正

子供の成長と治療について(その2)

広島市の矯正歯科 医院ですが、

最近、マイナーレベルの検索用語で

検索1位とか取っちゃうから、全国的にあるページが見られています。

えっと、1位を取るようなページではないので、

がっかりしている人が多数いそうで困るのですけど。。。。

あんな拙い絵のページですのに。。。

 

さすが、world wide(笑)

さて、気を取り直して、本日も続き書きます。



※今回からは当院(というか私)の意見ですので、

他の医院と考え方が違うこともあります。

特に最初に当院に相談に来られた方に、

解っていただくためにお話する内容ですので、

正確な数字ではありませんし、完全に解明されていることではなく、

色々と討論されていることの一意見としてお読みください。

 

この前は、

①親と子は似る

②でも完全に遺伝だけで顔が決められているんじゃないと思う。

ということを書きました。

 

遺伝に関しては、現在の医療、

というか将来に渡って歯科医師が、どうにか出来ることではありません。

これが『神の領域』っていうものです。

 

ただ、遺伝だけで顔が決められているわけではないのであれば、

その遺伝以外のもの(環境)にはアプローチすることができるだろうという

考えのもとに子供に対して治療を行うことはあります。

 

それでは、『遺伝』と『環境』ですが、

将来の顔を決めているのはどのくらいの割合なんでしょうか?

当院に来られている患者さんのイメージはこんな感じです。

『遺伝』50%、『環境』50%。

これが最低レベルかな~、

中には

『遺伝』10%、『環境』90%ぐらいのイメージの方もおられます。

 

たとえば、

『とても小さい時からやっていればだいぶ変わってましたか?』

とか

『硬いものを食べさせて良ければよかったのでしょうか?』

などをお話される方が多いのです。

つまり、生まれて育てている過程で、

自分達で介入できることが、あったのではないかと、

必要以上に思っておられる方も結構おられます。

ですので、感覚としては上の数字になるのです。

 

私が考えている、成長の方向や量に影響を与える

『遺伝』と『環境』の割合は

80%対20%ぐらいです。

 

言い換えると、

子供達の成長に、

私たちが介入できるのは、せいぜい20%の範囲であるということです。

残りの80%は、どうやってもそうなると思っています。

逆に言えば、何もしなくてもそうなるものだと思っています。

 

この介入できる割合は、どちらかというと矯正専門医院の方が

一般歯科医院(矯正以外にも色々治療している普通の医院)より、

低く考える傾向があるような気がします。

おそらく、前回書いた『神の領域』先生に至っては、

せいぜい5%ぐらいじゃないですかね。

 

それでは、『成長に関しては、

矯正治療においてどう介入していくのか?』ですが、

歯科医師国家試験の時に出された問題を解くために

私が覚えたことを次回に書きます。

そして、その覚えたことの中で

現在の私は信じなくなったこと(使用していない装置など)

をその次に書かせていただきますね。

 

 

 


Category:広島の歯列矯正 | 9:34 AM

コメントは受け付けていません。