広島の歯列矯正

マルチブラケットで使用する小道具(オープンコイルスプリング)

すっかり秋めいてまいりましたが、

いかがお過ごしですか。

広島 花岡 矯正歯科 クリニックです。

今日も

マルチの脇役にスポットを当てます。

今回はこの子。



オープンコイル

オープンコイルスプリングって言います。

『コイル』って聞くと

 

コナン・ドイル(←シャーロックホームズの作者)を

想像してしまうの私だけ?(笑)

・・・・そんな前フリはいらんですね。

 

オープンコイルスプリング、大層なお名前が付いていらっしゃいますが、

ぶっちゃけ、ただのバネですから。

私は、患者さんに入れるときに

『バネバネ入れて良い?』って聞きますもん(笑)

バネバネっていう言葉もどうかと思いますが。

 

ただ、当然使うからには、

目的を持って使用しています(キリッ)。

 

では、実際に使ってみましょうね。

先ほどのバネ図1君をワイヤーに通します。

 

 

 

 

図2そう、こんな感じ。

電磁石みたいですよね。

 

 

 

バネ君は、例えば歯と歯の間を開けたいときに

使用します。

 

図3絵で書くとこんな感じ。

青い矢印のところの隙間を開けたいとき、

赤い矢印の長さのバネ君をワイヤーに通します。

 

 

 

図4そうしておいて、グググってバネを強引に縮めます。

 

 

 

 

バネを強引に縮めるとどうなるか?

微妙にイメージはわきますよね?

そう、バネ君は元の長さに戻ろうとします。

図5ので、赤い矢印のように

『お前ら、のけ!』ってな具合で左右の歯を押します。

 

 

 

 

図6そうすると、歯は、点線の位置から動いていって、

隙間が出来ます。

 

 

 

歯が重なっていて隙間が足らないときとかに

利用しています。

 

このコイルスプリング、私が考えるに二つの欠点があります。

まず一つ、このバネのところにご飯が詰まって

綺麗に歯磨きしないとゴミが取れないということ。

歯ブラシをめんどくさがって治療に来た人の

コイルスプリングには、たっくさんの食べかすが詰まってることも。。

 

もう一つ。これは患者さん的に。

頬っぺたや唇に食い込むことがあります。

特に、頬っぺたの筋肉や、唇の周りの筋肉が

強い人によく起こりますが、

跡が付いちゃうことも。。。

その跡は、コイルスプリングが無くなると

消えることにはなります。


Category:広島の歯列矯正 | 12:40 PM

コメントは受け付けていません。