広島の歯列矯正

歯を抜かないと言われた時の誤解

朝晩寒くなりましたね。

広島 矯正歯科の花岡です。

 

そんな11月に入ったことと全く関係なく、

今日のお話をさせていただきますね。



だいぶ前に、

日本のどこかで(多分愛知県だったと思うんですけど)

ある出来事がございました。

ちなみに伝え聞きなので若干異なる点はあるとは

思いますが、

その出来事を元に今回のテーマを書きますのでご了承下さい。

 

矯正歯科医が

『歯を抜かずに治せそうです』と

患者さんに言いました。

患者さんも歯を抜きたくなかったので

『よかった』と思いました。

もしかしたら『歯を抜かないで治す治療』じゃないと

治療を受け入れない患者さんだったかもしれません。

 

ところがこの患者さん、思いも知らないことが起きます。

矯正歯科医は、ある歯医者に行くように

患者さんに伝えました。

その患者さんは、

矯正歯科医に言われるままに歯医者に行きました。

そうするとそこの歯医者は

『これは難しいから全身麻酔でした方が良いですね』

って信じられない言葉を聞きます。

『麻酔って??』

歯医者は言葉を続けます。。

『あ~、親知らずを抜くんですよ』

はっ?!(°д°;;) 今ナント言いました?!

患者さんはびっくりします。

 

だって、歯は抜かないで矯正治療をしますって

言われているのに

親知らずを抜くって言われているんです。

そりゃ~驚きますよね。

このお話は訴訟裁判ギリギリまで言ったって聞きました。

 

なぜこんなお話になってしまったのか?

それは、患者さんと矯正歯科医の常識が

異なっていたのです。

そのお話は。また。


Category:広島の歯列矯正 | 15:49 PM

コメントは受け付けていません。