広島の歯列矯正

固定について その1(導入と復習)

前回、矯正用アンカースクリューを初めて用いた症例を

書きました。

この矯正用アンカースクリューは、色々な使い方が出来るのですが、

一番メカニクス的に解りやすいのは『固定として使用する』です。



『固定』って何かね、君?と言われそうですので、

その説明を何回かに分けてお話しますね。

 

この『固定』というのは、うちに実習に来ていた将来、

衛生士になる方達も良く解っていない方が多かったので、

一般の人が理解するのは、至難なことだと思いますので、

読まなくても良いかもしれません。(書いておいてなんですけど(笑))

 

まず、世の中には作用と反作用の法則があることを

思い出しておいてください。

作用と反作用の法則

作用と反作用の法則2

ここの最後で私書いてますね。

『動かしてはいけない歯を動かさないようにすることが大事』って。

 

半年ぐらい前に書いたのですが、

この項目を読んで頂いて、それから続きを読むようにしてくださいね。

そんな訳で次回に続きます。


Category:広島の歯列矯正 | 14:27 PM

コメントは受け付けていません。