広島の歯列矯正

固定についてその2 (まだまだ導入)

こんにちは、広島の矯正歯科医院の花岡矯正歯科クリニックです。

前回の記事にリンクしていただいたのを

読んで頂けましたかね?

今日は、具体的なことを例に挙げて皆さんに考えてもらいましょうね。

(実際に衛生士学校の実習生に教える手順と似ています。

もし実習生の方が読まれているなら、私が教えなくて済むのではないか?(笑)

独り言独り言)

 



凄い単純な話をしましょう。

 

前歯の関係が、これが正常だったと仮定します。

図1

 

 

前歯の前後的な関係について

左が正常だったとします。

 

 

 

そうしたときに、この絵はどんな状態ですか?

図2

 

 

そうですね、上の歯が出ている状態ですね。

いわゆる、出っ歯の状態です。

 

では、上の歯が出ているときの治療はどうするかということを考えます。

当院ではありえないのですが、

上の歯だけ動かして出っ歯を治すことを考えてみましょう。

どうしたら、出っ歯が無くなりますか?

 

まぁ、考え方としてはそこまで難しくなく、

おそらく漠然と出っ歯(上顎前突)を治すときには、

皆さんが考えていることだとは思います。

 

図1

 

黄色い←のように、上の前歯を後ろから引っ張ったり、

 

 

 

赤い←のように上の前歯を、前から押したり。

図2

 

 

 

 

 

 

用は、上の前歯を後ろに引っこめれば良いわけですよね。

(もちろん、後ろに引っこめる隙間が無いと、出来ないことなんですけど、

その隙間があるとして考えたら、そういうことです)

 

さて、引っ張ったり、押したりして上の前歯を後ろに引っこめるとしましたが、

超能力者やエスパーみたいな存在でなければ、

見えない力で押すことなんかできっこないので、

 

上の前歯を引っ張ったり、押したりする『もの』が必要となりますよね。

その時に、大きな役割をするのは、上の奥歯です。

 

次回は、実際に上の前歯を引っこめる時に

起こりやすい問題を書いてみますね。

 

(歯科医師の皆様へ、

ボーイングエフェクトのことを書くとは言ってませんからね)


Category:広島の歯列矯正 | 14:32 PM

コメントは受け付けていません。